5万円キャッシング

5万円のキャッシングなら、アコム・プロミス・モビットなどがおすすめ

金利の安さだけでなく、即日対応のスピードが魅力

当サイトでは、5万円程度の少額のキャッシングの場合、プロミス、アイフル、モビット、アコム、イオン銀行を主におすすめしています。その理由は、金利が安いということもありますが、即日融資の審査を非常に短時間でしてくれるため、急ぎでお金が必要な時にも間に合うという点にあります。もちろん、メリットはそれだけではないのですが、ここでは、これらのアコムなどのカードローン会社の魅力を紹介します。

 

利息が安い 〜5万円の場合、月々750円のみ〜

これらの会社は大手なので、薄利多売でやっていくことができます。そのため利子も非常に安く、5万円を借りる場合は月々750円の支払いだけで済みます。大体ランチ1回分くらいです。民間のもっと小さい業者だと、これよりだいぶ高い実質年率になることもありますが、このような金利の安さは大手ならではと言えるでしょう。

 

イオン銀行の実質年率はさらに安くなる

これがイオン銀行のカードローンBIGになるともっと安くなり、実質年率14パーセントと、モビットなどより4パーセント安いです。ただ、最低借入金額が30万円と金額が大きいです。しかし、いらない分は即日返済してしまえばいいので、これは大した問題ではありません(あとはイオン銀行の口座が必要というくらいです)

 

返済のシミュレーションをしっかりして、計画を立てよう

5万円くらいの安い金額だったら、返済のシミュレーションなど特にしなくていい、と思う方もいるかも知れません。しかし、たとえば「毎月1万円ずつ返済すると、トータルでいくら利息を払うか?」というようなことはシミュレーションしておくべきです。答えを教えると、1万円ずつ返済する場合、完済まで5ヶ月で、トータルの利息は2250円になります。これを多いと感じる人もいれば感じない人もいるでしょうが、いずれにしても、こういう計算はしっかりしておきましょう。

 

大きめの借入限度額を与えられても、必ず自分の収入の範囲内で

たとえばプロミスやアイフルなどの大手の業者の場合、借入限度額は最大で500万円など、かなり多くなっています。ただ、自分の収入の範囲内で、無理なくすぐに完済できる金額のみ、そして本当に必要な金額のみ借りるようにしましょう。特にアコムやプロミスの場合は30日間無利息で借りることができるので、少額で抑えておけば、利子を一切払わなくていいということも多いです。そのように賢い方法でキャッシングを利用しましょう。

 

専業主婦キャッシング

2015/06/15 10:54:15 |

突然お金が必要になってキャッシングとかカードローンを利用して、必要な融資を受けさせてもらってお金を借りるってことは、断じてダメなことではありません。
以前とは違って最近では女性のキャッシングのみというちょっと変わったキャッシングサービスも選べます。
実はカードローンの会社には、クレジットカード会社など信販系の会社、審査の速い消費者金融系の会社、このようなものが存在します。
中でもやはり銀行関連の会社は、審査の時間を要し、申し込んでも即日融資については、できないケースもけっこうあります。
正確なキャッシングやカードローンなどに関しての知識などをもっていただくことで、言いようのない不安とか、油断が原因となって発生するいろんな事故に会わないようにしましょう。
認識不足で、大変なことになる可能性もあるのです。

 

利用者急増中のカードローンを、何回も利用してしまうと、借金をしているのに自分の銀行口座にあるお金を使っているかのような感覚になる方もかなりいるのです。
このようになってしまったケースでは、すぐに設定されたカードローンの制限枠に到達するくらい借金が大きくなってしまいます。
スピーディーな即日融資でお願いしたいということなら、自宅からPCやタブレットを使うか、スマートフォン、フィーチャーフォンのほうがかなり手軽です。
カードローンの会社のウェブページの指示に従って申し込むことができます。

 

新規キャッシングを申し込んだ場合、勤めている職場に電話がかかるというのは、防ぐことはできません。
なぜならあれは審査の一つの在籍確認といって、申込書に記入されている会社やお店などに、在籍中であることを確かめなければいけないので、申込んだ方の勤め先に電話して調査しているのです。
キャッシングを申込もうと考えている人は、ある程度まとまった現金が、少しでも早く貸してもらいたい!という方が、きっと多いはずです。
今では以前と違って、審査にかかる時間1秒で融資してくれる超ハイスピードの即日キャッシングまであります。
消費者金融会社が行っている、即日融資については、ものすごく速くて驚かされます。

 

たいていは、午前中のうちにちゃんと手順に沿った申し込みが終了して、融資のための審査が何事もなく予定通りいくと、その日のうちに希望通りの現金の振り込みが可能なんです。
人気のキャッシングの会社に融資の審査を依頼するよりは前に何としてもアルバイト程度の何らかの仕事についておいてください。
いうまでもありませんが、お勤めの年数は長期のほうが、審査の際にあなたを有利にするのです。
貸金業法という貸金業を規制する法律では、ローン申込書の記入についてもきちんとルールが定められていて、例を挙げるとキャッシング会社では訂正するという行為は、禁止なので、これらは法違反になります。
ですから、どうしても訂正が必要なケースでは、二重線を引いてしっかりと訂正印を押していただかなければいけないのです。
急な支払いで財布が大ピンチ!なんて困っているなら、わかっているとは思いますが、申し込み日に口座振り込みされる即日キャッシングに頼って入金してもらうというのが、もっともおすすめです。
お金を何が何でも今日中に融通できないと困る場合には、最適なおすすめのサービスではないでしょうか。

 

とても多いカードローンの会社の違いで、結構違いがあるけれど、各カードローン会社が決められたとおりの審査条件にしたがって、ご希望に合った融資をその申込んだ人に、即日融資をすることが適当であるかどうか決めるという流れなのです。
よく聞くキャッシングの審査とは、キャッシングを希望して申込みを行ったあなたが間違いなく返済可能かどうかの審査を慎重に行っているものなのです。
あなた自身の勤務状態や年収によって、キャッシングサービスを認めることが適切なのかというポイントをじっくりと審査するわけです。
これまでに、なんらかの返済事故を経験しているのであれば、新規キャッシングの審査を通っていただくということは非常に残念ですが不可能です。
従って、キャッシング希望の方は過去も含めて記録が、しっかりしていないといけないわけです。
銀行関連系で取り扱っているカードローンというのは、貸付の上限額が他に比べて多く定められており、利息に関しては他よりも低く設定されています。
でも、融資の可否の事前審査が、消費者金融系のキャッシング等と比べてみると厳しくなっているようです。

2015/05/11 10:52:11 |

珍しくなくなってきた無利息でのキャッシングが出始めたときは、新規キャッシング限定で、さらに7日間以内に返済すれば無利息でOKという制限がかけられていました。
今日では新規以外でもキャッシングから30日間以内は無利息としている会社が、利息0円の期間で最長になり、一層使いやすくなっています。
貸金業法という法律では、ローンの申込書の書き方にさえ規制を受けていて、申込を受けたキャッシング会社で申込書の誤りを訂正することは、禁止行為として定められているのです。
だから、記入間違いの場合は、二重線で訂正しはっきりと訂正印を押印しないと書類は審査を通りません。
簡単に言うと無利息とは、キャッシングをしても、利息不要という状態。

 

無利息キャッシングという名前ですが、やっぱりいつまでも無利息の状態で続けて、貸し続けてくれるなんてことではないのです。
いざという時に役立つキャッシングは、融資の可否を判断する審査が素早く行われ、当日の振り込みができなくなる時間までに、やっておかなくちゃいけない事務作業などがすべて完了できているようなら、すごく助かる即日キャッシングを使っていただくことができるのです。
注目のとっても便利な即日キャッシングの仕組みや概要だけは、分かってらっしゃるという方はとてもたくさんいますが、現実にはどんな手続きや処理をしてキャッシングで融資されるのか、そういった具体的で詳細なことを理解している方は、ほとんどいないと言えるでしょう。
嘘や偽りのないキャッシングやローンに関しての知識やデータを持つ事で、必要のない不安な気持ちや、なめてかかった考えがもたらすいろんな問題で害が及ばないように注意してください。
十分な知識や情報がないと、取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

時間が取れない方など、インターネットを使って、新規にキャッシングを申込む際は、画面の指示のとおりに、必要な内容を間違いないように入力してデータを送信するだけの操作で、いわゆる「仮審査」の結論をお待ちいただくことが、できるのでとても便利です。
理由ははっきりしませんが支払いに困っているのは、女性のほうが男性よりも多いとされています。
将来的に便利で使いやすい女性しか利用できない、うれしい即日キャッシングサービスが登場するようになるときっと多くの方が利用することと思います。
設定された金利が高い業者も確かに存在していますので、このような大切なところは、詳しくキャッシング会社によって違うポイントなどを事前に調べて、目的に合ったプランが利用できる会社で即日融資対応のキャッシングを利用するというのがいいんじゃないでしょうか。
つまり無利息とは、お金を貸してもらったのに、利息は0円でOKということ。

 

呼び名としては無利息キャッシングですが、もちろん永遠に利息を付けずに無利息で、融資を受けさせてもらえるという状態のことではありませんからね。
10年以上もさかのぼれば、キャッシングを利用するための審査が、今とは異なり相当緩やかだった年代もあったみたいですけれど、今日では新規申込でも甘い審査は行われず、新規申込者に対する審査の際には、希望者の信用調査がマニュアル通りに徹底的に実行されているのです。
借入の用途に最もメリットが大きいカードローンはたくさんある中のどれなのか、可能な毎月の返済は、どのくらいなのか、ということを時間をかけてじっくりと検討していただいて、失敗しないように計画を作って上手に便利なカードローンを使用しましょう。
CMなどで見かけるキャッシングとかカードローンを利用して、希望通り融資してもらってお金を借りるのは、イメージと違って変じゃありません。

 

今では女の人しか借りることができないおもしろいキャッシングサービスだってあるんです!これまでのキャッシングなどで、いわゆる返済問題を経験している方の場合は、さらなるキャッシングの審査を通っていただくということは不可能です。
ですから、キャッシングしてもらうには今までも含めて実績が、優れたものでなければ承認されないというわけです。
申し込めばその日にでも融資してほしい金額をキャッシングしてもらえるのが、消費者金融で取り扱っている頼りになる即日キャッシングです。
わかりやすくできている審査でうまくパスすることができれば、当日中に十分な額がキャッシングできるので大人気です。

2015/04/10 10:50:10 |

急な出費に対応できるありがたいカードローンなんですが、利用の仕方が正しいものでないときには、多重債務という状態を生む道具となることだって十分に考えられるのです。
身近になってきましたがやはりローンは、借り入れをしたんだという事実をしっかりと胸に刻んでおいてください。
キャッシング会社をどこにするか決めて、事前審査からの依頼をすることになっても、選んだところで即日キャッシングで融資してくれる、時間に制限があるので、その点も肝心なことですから、絶対に調べて希望どおりなら資金の融資のお願いを行うことを忘れないでください。
無利息期間と言われるサービスが利用できる、魅力的な即日キャッシングを徹底的に調査してから融資してもらえば、高い低いが気になる利率に苦労させられずに、キャッシングできるのです。
だからとっても有利にキャッシングしていただける代表的な融資商品ということ!月々の返済が遅いなどの行為を続けている場合は、そのせいでキャッシングの評価が落ちてしまって、無理せずに低い額を借入を希望しても、事前に行われる審査の結果が悪いので借りることができないという方が実際にいるのです。

 

使いやすいカードローンを、ずっと途切れることなく使い続けていると、借金なのに自分の口座のお金を引き出しているかのような感覚になってしまう人も多いのです。
こんなふうな悪い状態に陥ってしまうと、すぐにカードローン会社が設定した上限額に達することになります。
近頃はわかりにくい?キャッシングローンという、どっちだか判断できないようなサービスまで使われていますので、キャッシングでもカードローンでも問題なし!なんて感じで、世間では区別されることが、ほとんど全てにおいて失われてしまったと言ってもいいのではないでしょうか。
インターネットを利用できれば、消費者金融会社で当日入金の即日融資によって融資してもらうことができる、可能性がいくらかあります。
「可能性」と言ったのは、融資を受けるなら審査があるわけですから、その審査にパスしたら、即日融資を受けさせてもらえるという意味があるのです。

 

利息が0円になる無利息キャッシングを利用していただく場合は、30日以内に、全てを返せなかったとしても、利用せずに利息がある状態で借りたものと比べてみて、利息が相当低額で済むわけですから、利用者にとって有利な素晴らしいサービスなんです。
即日キャッシングとは、実際に日付が変わる前に、融資が決まった金額を口座に入金してくれるけれど、融資決定前の事前審査に通過した場合に同時に、入金が行われるという仕組みではないところだって少なくありません。
注目のとっても便利な即日キャッシングがどんなものかについては、大丈夫だという人は少なくないのですが、本当に申し込むときに手続や流れがどうなっていてキャッシングで融資されるのか、詳しいことまで分かっている人は、珍しいでしょう。
意外かもしれませんがお金にルーズなのは、女の人に多数派のようです。

 

なるべくもっと申込しやすい女性のための、今までにない即日キャッシングサービスが多くなってくるとキャッシングがもっと身近になるでしょう。
いざという時に役立つキャッシングは、申し込みの審査結果が出るのが短い時間で終了し、即日キャッシングによる対応が不能になってしまう時間より前に、しておくべき各種手続きが何も残っていなければ、次のステップに進んで即日キャッシングで入金してもらうことができます。

 

いろんな種類があるキャッシング会社における、融資にあたっての審査項目は、申込んだキャッシング会社が定めた決まりで厳格さが異なっています。
大手銀行を母体に持つ銀行関連に申し込んだらなかなか通してもらえず、次が信販系の会社、デパートなどの流通系の会社、ラストは消費者金融系(サラ金とか街金と言われるもの)の順序で厳しくなくなります。
一般的になってきたキャッシングですが、銀行系と言われている業者のときは、よくカードローンと紹介されています。
広い意味では、貸し付けを依頼した個人の方が、金融機関(銀行や消費者金融など)から貸してもらう、数万から百万円程度までの少額の融資のことを、キャッシングと名付けています。
新築やリフォームなどを目的とした住宅ローンあるいは自動車に関する費用を目的としたマイカーローンと異なり、カードローンは、貸してもらったお金の使用目的の制限を受けることがありません。
というわけで、借りている金額の追加ができるようになっているところなど、それなりにメリットがあるのが特色です。

2015/03/09 10:49:09 |

珍しくなくなってきた無利息でのキャッシングが初めて登場したころは、新たなキャッシング申込限定で、最初の7日間だけ無利息というものばかりでした。
しかし今では、何倍も長いなんと30日間無利息のところが、期間として一番長いものとなっているのです。
ホームページからのWeb契約は、入力するのも手間いらずですごく便利なものだと思いますが、キャッシングについての申込というのは、お金の貸し借りに関することなので、もし不足や誤りが見つかれば、融資を受けるために必要な審査の規定で通らない…こうなる可能性も、少しだけど残っています。

 

キャッシングを希望で利用申し込みをするまでに、どうにか正社員以外でもいいから職業には就職しておくことが肝心です。
さらに職場で就業している期間は長ければ長いほど、事前審査の中であなたをOKに近づけます。
お申込み手続きが完了してから、実際にキャッシングが行われるまで、の所要時間が、最短ではその日のうち!としているサービスが、沢山あって選べますから、大急ぎで借り入れをしたいときは、キャッシングの中でも消費者金融系のカードローンを選ぶのがベストです。
無利息キャッシングとは、借金をしても、全く金利がかからない状態のことです。

 

無利息キャッシングという名前のサービスですが、これも借金であるわけですから永遠に無利息の状態で続けて、借りられるなんておいしいことになるわけではないですよ。
最も重要とされている融資の審査項目は、本人の信用に関する情報です。
今までに何かしらローンの返済の、大幅に遅延したとか未納、自己破産などの事故が記録されていれば、事情があっても即日融資を受けていただくことは不可能というわけです。
必要なら金融関係の情報が豊富なウェブページを、上手に使えば、当日振込も可能な即日融資で融資してくれる消費者金融(サラ金)会社を、インターネット経由でじっくりと調べて、どの会社にするか選択することも、問題なくできるのです。
キャッシングで融資してもらおうと検討している場合っていうのは、借りたいということだけではなく資金が、すぐにでも口座に振り込んでほしいという方が、ほとんどなのではないでしょうか。
現在ではすごい進歩で審査時間1秒でキャッシング可能な即日キャッシングも登場しました。

 

タレントを起用したテレビ広告でおなじみだと思いますが、新生銀行が提供するキャッシングサービスのレイクは、インターネットを使って、パソコンはもちろん、スマホからであっても一切の来店不要で、申込をした当日に入金される即日キャッシングも取り扱い可能です。
いつの間にかキャッシングとローンが一つになったキャッシングローンという、なおさら理解しにくくなる呼び名も指摘されることなく使われているので、すでにキャッシングとカードローンには、実際問題として相違点が、ほとんど全てにおいて失われているのではないでしょうか。
便利なカードローンを利用するために申し込むときには、定められた審査に通らなければいけません。
審査の結果通過しなければ、どうやってもカードローン会社から受けられるはずの頼もしい即日融資をしてもらうのは無理なのです。
金利を高く設定している業者もありますので、こういった点は、あれこれ各キャッシング会社独自の特徴を前もって調べてみてから、自分の状況に合った会社にお願いして即日融資できるキャッシングを受けていただくのがベストの手順だと思います。
業者が最重要視している審査にあたっての条件は、申し込んだ方の信用情報なのです。

 

これまでにローンの返済について、遅延、滞納、あるいは自己破産したことがあったら、希望の即日融資を実現することは絶対に不可能なのです。
最近ずいぶんと普及したキャッシングの申込む際もの方は、従来通りの窓口だけでなくファクシミリとか郵送、あるいはオンライン等いろんな方法が使えるようになっており、商品によっては用意された複数の申込み方法から、どれにするか選ぶことができるものもあって便利なのです。
利用しようとしているのがどのような金融系の会社が扱うことになる、どういった魅力があるカードローンなのか、などの点についても留意するべきです。
それぞれが持っているいいところと悪いところをしっかりと把握して、利用目的に合ったカードローンはどのカードローンなのかを探して申込んでください。

2015/02/13 16:44:13 |

WEBや電話で審査し、そのまま振込か無人契約機でカード受け取り

まず、アコムでもモビットでもその他どこでも、審査自体はウェブか電話のみで済みます。面倒な郵送などは必要ありません。郵送でもできないことはないですが、やる理由、メリットがありません。なので、まず審査はネットか電話でします。それもネットの方が必要なデータを自分でまとめて送信するだけなので、断然楽です。ネットでの申し込みをおすすめします。

審査に通り、銀行の営業時間内であれば、そのまま振込される

審査に無事合格して、銀行が営業している15時よりも前の時間であれば、あなたの銀行口座にそのまま希望金額が振り込まれます。一応15時と書きましたが、実際には振込反映までのタイムラグがあるので、14時の時点では審査が完了していないといけません。ということは、午前中には申し込みしておいた方が確実です(審査は、最短30分、長ければ2時間はかかりますので)。

 

銀行の営業時間内をオーバーしてしまった場合は?

この場合も大丈夫です。たとえばアコムなら楽天銀行と提携しているので、楽天銀行なら24時間、土日・祝日でも振り込んでもらえます。同じくプロミスなら三井住友銀行、ジャパンネット銀行に24時間振込してもらえます。イオン銀行のカードローンBIGも、イオン銀行ならもちろん24時間OKです。

 

提携銀行がないカードローンの場合はどうする?

この場合、それぞれの業者の無人契約機でカードを発行してもらいます(審査だけはネットで済ます)。そして、そのカードを持って例えばセブン-イレブンなどのコンビニに行き、そこでATMから借入をします。大体100円〜200円の手数料がかかりますが、このくらいなら即日融資できることを考えれば別に痛い出費ではないでしょう。

 

返済の方法と手順は?

返済も簡単で、コンビニのATMから「返済」というボタンを押し、希望金額を入れてそのまま入金したり、あるいは銀行のATMで同じようにしたりします。その他、ネットバンキングからアコムなどが指定している口座に振込したり、あるいは毎月あなたの銀行口座から自動的に引き落とされる、という風にする方法もあります。また、それぞれの専用ATMが町中にあるので、それらの専用ATMに行って返済する、という方法もあります。専用ATMは借入・返済ともに手数料無料で、残りの金額や今回支払った利息などもリアルに把握できるので、そういう状況がしっかりわかるという点でもおすすめです。以上、これらの方法のどれでもいいので、早めの完済をめざしてがんばってください。

2015/02/13 16:42:13 |

収入証明書、身分証明証などがあればOK

まず「即日借入可能なカードローン」という部分ですが、これはいまどきのキャッシングはすべてそうです。その日のうちに借りられないというカードローンは今の時代はっきり言ってないので、これについては「どこでもOK」ということになります。少なくとも当サイトで紹介しているアコム、モビットなど、あるいはイオン銀行などの銀行系もすべて同じです。

 

収入証明書は不要な場合も多い(一定金額以内なら)

収入証明書は、プロミスやアイフルなど主だった会社は「100万円以内の限度額なら不要」というようなシステムでやっています。そして、大抵の方が必要とする融資金額は5万円などの少額のはずです。なので、事実上収入証明書は不要と考えていいでしょう。ただ、仮に用意する場合、どんな種類の書類を用意すればいいのか、ということも説明します。

 

会社員なら源泉徴収票、フリーランスなら確定申告の書類

サラリーマンの方やパート・アルバイトの方の場合、毎年会社から源泉徴収票をもらうと思います。これがそのまま収入証明になるので、これを提出すればOKです。そして、フリーランス、自営業、個人事業主の方の場合は、毎年確定申告をしているはず(していない方は税金で大変損をしているので、絶対してください)なので、その去年の書類を提出すればOKです。納税証明書などですね。

 

自営業、個人事業主の場合、提出が必須ということが多い

上で一定金額以内なら収入証明書は不要ということを書きましたが、不安定な職業である自営業などの場合は、提出が必須、という貸金業者が多いです。アコム、プロミスなども大体そうです(その方の収入や希望金額にもよりますが)。ただ、サラリーマンや公務員の方でも場合によっては要求されることもあるので、一応準備はしておいた方がいいでしょう。

身分証明証は何を用意すればいいか?

これは運転免許証やパスポートなど、顔写真入りのものです。顔写真がない保険証などの場合、2枚必要になる場合もあります。また、その人の信頼度やあるいは現在海外居住などのランダムな条件が加わると、顔写真があっても二枚必要になる、ということもあるかも知れません。いずれにしても、誰でも身分証明証二枚くらいは持っているはずなので、念のため2つ用意しておく方がいいでしょう。なお、審査を申し込む時間ですが、その日のうちに借りたいという場合は、午前中には申し込みしておいた方がいいです。それなら余裕で間に合います。

 

 

 

2015/02/13 16:40:13 |

確定申告などで収入証明ができれば問題なし

自営業、個人事業主、フリーランスなどの不安定な職業の場合、キャッシングの審査では確かに不利な部分があります。ただ、必ず落ちるとか限度額が小さくなるということではありません。あくまで公務員や正社員の方に比べたら不利というだけであって、確定申告などの書類によって収入証明さえしっかりできて、しかもその年収がある程度多く、希望金額に見合っていれば、審査は余裕で合格します。

 

営業している年数が多い、というのも審査で有利になるポイント

ご自身のやられているお店や会社、事業所の営業年数が多いというのは、審査で有利になります。当然ですが、長くやっているということはそれだけお客さんから信頼されているということであり、今後の稼ぎも安定するだろう、少なくとも急に倒産する可能性は低いだろう、ということが想像できます。また、一つの事業を長くやる方というのは、雇われでも独立していても大抵真面目な方なので、返済もコツコツやってくれるだろうと貸金業者の側は期待します。なので、プロミスでもモビットでもどこで申し込んでも、こういう年数の長い事業をやっている方は審査で有利になります。

 

借入可能金額は正社員よりも少なくなるか?

これについては、何とも言えません。たとえば正社員といっても、勤め始めたばかりの場合はさほど信頼されません。それよりは事業年数が10年くらいある自営業や個人事業主の方の方が信用される、ということも多いでしょう。また、そもそも限度額は年収の3分の1という総量規制が上限ですから、年収が多ければフリーランスの方の方が限度額が多くなるということも十分ありえます。

 

ただ、実際にフリーランスの仕事は安定していないことは自覚すべき

このようにカードローンの申し込み自体はフリーランスや自営業の仕事でも特に問題ないのですが、審査に通ればいいという話ではありません。実際のところ、こういうフリーランスの職業というのは極めて不安定です。ある方の体験談を紹介しましょう(聞き書きなので、筆者の言葉です)。

 

自営業でキャッシングしていて、資金繰りが苦しくなった方の体験談

私は薬局を営んでいて、過去には売上が毎年億単位だった年もあり、その頃の年収は多ければ1000万を超えることもありました。しかし、ここ15年くらいは全然で、とうとう5年くらい前からキャッシングにも手を出すようになりました。それ以来ずっと利息の支払いで苦しんでいますが、稼げる時期がずっと続くと油断すると大変なことになります。

 

 

2015/02/13 16:38:13 |

大手の会社だったら、どこでも女性でも即日融資OK

たとえばアコムやアイフルなどの、みなさんがよく知っている大手のカードローン会社だったら、どの会社でも、そして女性や主婦の方でも即日融資可能です。なので、今日中にどうしてもお金が必要という時でも焦る必要はありません。年収や職業、現時点の借入総額などに問題がなければ、これらの大手だったら確実にその日のうちにお金を手に入れることができます。

 

専業主婦の場合の審査はどうなるか?

専業主婦といってもいろいろなケースが考えられますが、たとえばパート・アルバイトを一切していない、つまり本人に収入がないという方の場合、夫の収入によって借りることになります。この場合、旦那さんの収入証明書と身分証明証、自分の身分証明証などを提出して、返済は間違いなくご主人の年収からできるということを保証すれば、大抵の場合は審査もOKです。でないと、事情があって働けない専業主婦の方などが、キャッシングをできなくなってしまうから、これでOKなのです。

 

働いている女性の場合、審査は余裕

これに対して、パート・アルバイトでも、あるいは正社員や派遣社員で働いているという女性の場合は、何も問題なく借入することができます。別にレディースローンなどの女性向けローンを使わなくても大丈夫です(使ってもいいですが)。中身の利息や限度額などの条件は、女性向けローンであっても特に違いはないので、こだわりがなければ普通のモビットやプロミスなどで借りていいと思います。

 

パート・アルバイトの場合、審査で不利になる?

特に主婦の方の場合、正社員や派遣社員の方よりも、パート・アルバイトでお仕事しているという方が多いでしょう。そういう方の場合、正社員よりは確かに審査でやや不利になりますが、決して落ちるということはありません。可能性もゼロではないですが、大抵は合格します。たとえば5万円程度の少額の場合、ほとんどの会社で審査に通してくれるでしょう。

 

借入可能金額はいくらくらいになる?

これは大体の目安が年収の3分の1です。これは、貸金業法によって定められている総額規制というルールによるものです。実際には、その人の年収や職業の信頼度によって、これより低い金額からスタートすることも多いです。ただ、そのように最初の借入可能金額が少なかったとしても、返済実績をコツコツ身に付けるうちに、貸金業者からの信頼が増して、限度額が徐々に増額されていくということが多いです。なので、最初少なくても安心です。

2015/02/13 16:36:13 |

アコム、モビット、アイフルなどの大手ならどこでもおすすめ

まず、今のカードローン会社であれば、ほとんどどこでも即日融資が可能です。キャッシングを利用する人のほとんどはその日のうちに借入したいと思っているので、そのニーズに答えないと金融業界で生き残れないからです。なので、即日融資については、まずどこでも問題ないといえます。そして、残るは金利の安さや限度額の大きさ、審査の簡単さなどで決めるわけですが、これらもやはりどの会社でも大手なら同じなので、特に迷う必要はありません。

 

具体的に、どのように同じなのか?

たとえば実質年率は、5万円程度の少額をキャッシングする場合、どの会社でも大体18パーセントです。モビットでもアコムでも、その他アイフルやプロミスなどでも同じです。イオン銀行のような銀行系の場合は14パーセント程度とやや安くなりますが、違いがあるとしたらそのくらいです。消費者金融系の場合は全部同じです。

 

借入限度額についてはどうか?

借入限度額も大体消費者金融系は500万です。銀行系の場合は800万や1000万など、かなり大きくなります。しかし、少額の融資を希望する場合、こういう大きい限度額は関係ないはずです。そもそも総量規制のルールにしたがえば、500万借りるには1500万の年収が必要(年収の3分の1までしか借りられないのが総額規制)なので、5万円借りるような方の場合、限度額は特に意味はないのです。

 

審査の簡単さ、厳しさについてはどうか?

これも、当サイトでプッシュしているアコムやモビットなどの大手の場合、どこも簡単です。審査という単純作業はどこの会社がやってもほぼ同じものですし、特に差別化のしようがないからです。どこで申し込みをしても、電話確認や郵送などの面倒な作業はなしで、WEBのみで審査が完了するということがほとんどです。そして、午前中など早めの時間帯に申し込めばその日のうちにお金を借りることができるので、急ぎの場合も特に問題はありません。

 

借りる業者で迷うよりも、早く決めて早く働き、完済を急ぐこと

金利をシミュレーションしてみるとわかりますが、実質年率18パーセントで借入すると、それなりの利子を払わなければいけません。たとえば5万円を5ヶ月で返すと、累計で2300円程度の利息を払います。その分何か別のものを買えると考えたら、やはりこの金利は高いと言わざるを得ないでしょう。会社はどこも同じである以上、決めるのには時間をかけず、早く借りて早く働き、急いで完済することをおすすめします。

2015/02/13 16:32:13 |

5万円キャッシングした場合、月々の返済はいくらになるか?

キャッシングの利率にもよりますが、たとえば実質年率18パーセントだったら、1万円の借入で、月々150円の利息です。ということは、5万円だと大体750円です。案外安いなと思われるかも知れませんし、確かにこれだけで留まれば安いのですが、大抵はこれをオーバーしてどんどん借りてしまう傾向があるので、気をつけてください。

 

大手の消費者金融系カードローンは、大体18パーセント

上で金利を18パーセントとしましたが、大手の消費者金融系のカードローン会社の場合、大体この利率です。安い実質年率は4パーセント程度から始まっていますが、ほとんどの人が借り入れる金額なら高い方の18パーセントが適用されますし、特に5万円の場合はほぼ確実にそうです。具体的に業者の名前をあげると、たとえばプロミス、アコム、モビットあるいはアイフルなど、すべてそうです。

 

月々1万円ずつ元金を返済した場合のシミュレーション

月々1万円ずつ元金を返すということは、元金だけは5ヶ月でなくなるということです。そして、金利は750円、600円、450円、300円、150円…という風に5ヶ月間で払います。これを合計すると、2250円です。つまり5万円を月々1万円ずつ5ヶ月でへんさいする場合、合計で2250円の利息を払うということです。このくらいなら安いと思う方もいるかも知れませんし、高いと思う方もいるかも知れませんが、とりあえず数字はこんな風になります。

 

レイクなどの30日間無利息キャンペーンを利用するのがおすすめ

たとえばレイクだと、5万円までは半年間無利息で借りることができます。ということは、上の例の場合、2250円の金利を一切払わなくていいということです。これはかなり有利ですね。また、レイクのように半年間ではないですが、たとえばアコムやプロミスなども30日間無利息というキャンペーンはやっています。当サイトではアコム、プロミスなどをおすすめしていますが、どちらもこの30日間無利息をやっているので、ぜひ活用するといいでしょう。

 

イオン銀行のカードローンBIGなら、もっと利率が安くなる

イオン銀行が提供しているカードローンBIGの場合、金利はもっと安くなります。実質年率が一番高くても14パーセントなので、約4パーセント違うということです。ただ、その分最低借入金額が30万円からとなっていて、5万円だけ借りるということは一応できないルールになっています。ただ、これは抜け道があって、30万円借りた後すぐに25万円返済してしまえば実質5万円借りたのと同じです。