5万円キャッシング

5万円のキャッシングなら、アコム・プロミス・モビットなどがおすすめ

金利の安さだけでなく、即日対応のスピードが魅力

当サイトでは、5万円程度の少額のキャッシングの場合、プロミス、アイフル、モビット、アコム、イオン銀行を主におすすめしています。その理由は、金利が安いということもありますが、即日融資の審査を非常に短時間でしてくれるため、急ぎでお金が必要な時にも間に合うという点にあります。もちろん、メリットはそれだけではないのですが、ここでは、これらのアコムなどのカードローン会社の魅力を紹介します。

 

利息が安い 〜5万円の場合、月々750円のみ〜

これらの会社は大手なので、薄利多売でやっていくことができます。そのため利子も非常に安く、5万円を借りる場合は月々750円の支払いだけで済みます。大体ランチ1回分くらいです。民間のもっと小さい業者だと、これよりだいぶ高い実質年率になることもありますが、このような金利の安さは大手ならではと言えるでしょう。

 

イオン銀行の実質年率はさらに安くなる

これがイオン銀行のカードローンBIGになるともっと安くなり、実質年率14パーセントと、モビットなどより4パーセント安いです。ただ、最低借入金額が30万円と金額が大きいです。しかし、いらない分は即日返済してしまえばいいので、これは大した問題ではありません(あとはイオン銀行の口座が必要というくらいです)

 

返済のシミュレーションをしっかりして、計画を立てよう

5万円くらいの安い金額だったら、返済のシミュレーションなど特にしなくていい、と思う方もいるかも知れません。しかし、たとえば「毎月1万円ずつ返済すると、トータルでいくら利息を払うか?」というようなことはシミュレーションしておくべきです。答えを教えると、1万円ずつ返済する場合、完済まで5ヶ月で、トータルの利息は2250円になります。これを多いと感じる人もいれば感じない人もいるでしょうが、いずれにしても、こういう計算はしっかりしておきましょう。

 

大きめの借入限度額を与えられても、必ず自分の収入の範囲内で

たとえばプロミスやアイフルなどの大手の業者の場合、借入限度額は最大で500万円など、かなり多くなっています。ただ、自分の収入の範囲内で、無理なくすぐに完済できる金額のみ、そして本当に必要な金額のみ借りるようにしましょう。特にアコムやプロミスの場合は30日間無利息で借りることができるので、少額で抑えておけば、利子を一切払わなくていいということも多いです。そのように賢い方法でキャッシングを利用しましょう。

2015/02/13 16:44:13 |

WEBや電話で審査し、そのまま振込か無人契約機でカード受け取り

まず、アコムでもモビットでもその他どこでも、審査自体はウェブか電話のみで済みます。面倒な郵送などは必要ありません。郵送でもできないことはないですが、やる理由、メリットがありません。なので、まず審査はネットか電話でします。それもネットの方が必要なデータを自分でまとめて送信するだけなので、断然楽です。ネットでの申し込みをおすすめします。

審査に通り、銀行の営業時間内であれば、そのまま振込される

審査に無事合格して、銀行が営業している15時よりも前の時間であれば、あなたの銀行口座にそのまま希望金額が振り込まれます。一応15時と書きましたが、実際には振込反映までのタイムラグがあるので、14時の時点では審査が完了していないといけません。ということは、午前中には申し込みしておいた方が確実です(審査は、最短30分、長ければ2時間はかかりますので)。

 

銀行の営業時間内をオーバーしてしまった場合は?

この場合も大丈夫です。たとえばアコムなら楽天銀行と提携しているので、楽天銀行なら24時間、土日・祝日でも振り込んでもらえます。同じくプロミスなら三井住友銀行、ジャパンネット銀行に24時間振込してもらえます。イオン銀行のカードローンBIGも、イオン銀行ならもちろん24時間OKです。

 

提携銀行がないカードローンの場合はどうする?

この場合、それぞれの業者の無人契約機でカードを発行してもらいます(審査だけはネットで済ます)。そして、そのカードを持って例えばセブン-イレブンなどのコンビニに行き、そこでATMから借入をします。大体100円〜200円の手数料がかかりますが、このくらいなら即日融資できることを考えれば別に痛い出費ではないでしょう。

 

返済の方法と手順は?

返済も簡単で、コンビニのATMから「返済」というボタンを押し、希望金額を入れてそのまま入金したり、あるいは銀行のATMで同じようにしたりします。その他、ネットバンキングからアコムなどが指定している口座に振込したり、あるいは毎月あなたの銀行口座から自動的に引き落とされる、という風にする方法もあります。また、それぞれの専用ATMが町中にあるので、それらの専用ATMに行って返済する、という方法もあります。専用ATMは借入・返済ともに手数料無料で、残りの金額や今回支払った利息などもリアルに把握できるので、そういう状況がしっかりわかるという点でもおすすめです。以上、これらの方法のどれでもいいので、早めの完済をめざしてがんばってください。

2015/02/13 16:42:13 |

収入証明書、身分証明証などがあればOK

まず「即日借入可能なカードローン」という部分ですが、これはいまどきのキャッシングはすべてそうです。その日のうちに借りられないというカードローンは今の時代はっきり言ってないので、これについては「どこでもOK」ということになります。少なくとも当サイトで紹介しているアコム、モビットなど、あるいはイオン銀行などの銀行系もすべて同じです。

 

収入証明書は不要な場合も多い(一定金額以内なら)

収入証明書は、プロミスやアイフルなど主だった会社は「100万円以内の限度額なら不要」というようなシステムでやっています。そして、大抵の方が必要とする融資金額は5万円などの少額のはずです。なので、事実上収入証明書は不要と考えていいでしょう。ただ、仮に用意する場合、どんな種類の書類を用意すればいいのか、ということも説明します。

 

会社員なら源泉徴収票、フリーランスなら確定申告の書類

サラリーマンの方やパート・アルバイトの方の場合、毎年会社から源泉徴収票をもらうと思います。これがそのまま収入証明になるので、これを提出すればOKです。そして、フリーランス、自営業、個人事業主の方の場合は、毎年確定申告をしているはず(していない方は税金で大変損をしているので、絶対してください)なので、その去年の書類を提出すればOKです。納税証明書などですね。

 

自営業、個人事業主の場合、提出が必須ということが多い

上で一定金額以内なら収入証明書は不要ということを書きましたが、不安定な職業である自営業などの場合は、提出が必須、という貸金業者が多いです。アコム、プロミスなども大体そうです(その方の収入や希望金額にもよりますが)。ただ、サラリーマンや公務員の方でも場合によっては要求されることもあるので、一応準備はしておいた方がいいでしょう。

身分証明証は何を用意すればいいか?

これは運転免許証やパスポートなど、顔写真入りのものです。顔写真がない保険証などの場合、2枚必要になる場合もあります。また、その人の信頼度やあるいは現在海外居住などのランダムな条件が加わると、顔写真があっても二枚必要になる、ということもあるかも知れません。いずれにしても、誰でも身分証明証二枚くらいは持っているはずなので、念のため2つ用意しておく方がいいでしょう。なお、審査を申し込む時間ですが、その日のうちに借りたいという場合は、午前中には申し込みしておいた方がいいです。それなら余裕で間に合います。

 

 

 

2015/02/13 16:40:13 |

確定申告などで収入証明ができれば問題なし

自営業、個人事業主、フリーランスなどの不安定な職業の場合、キャッシングの審査では確かに不利な部分があります。ただ、必ず落ちるとか限度額が小さくなるということではありません。あくまで公務員や正社員の方に比べたら不利というだけであって、確定申告などの書類によって収入証明さえしっかりできて、しかもその年収がある程度多く、希望金額に見合っていれば、審査は余裕で合格します。

 

営業している年数が多い、というのも審査で有利になるポイント

ご自身のやられているお店や会社、事業所の営業年数が多いというのは、審査で有利になります。当然ですが、長くやっているということはそれだけお客さんから信頼されているということであり、今後の稼ぎも安定するだろう、少なくとも急に倒産する可能性は低いだろう、ということが想像できます。また、一つの事業を長くやる方というのは、雇われでも独立していても大抵真面目な方なので、返済もコツコツやってくれるだろうと貸金業者の側は期待します。なので、プロミスでもモビットでもどこで申し込んでも、こういう年数の長い事業をやっている方は審査で有利になります。

 

借入可能金額は正社員よりも少なくなるか?

これについては、何とも言えません。たとえば正社員といっても、勤め始めたばかりの場合はさほど信頼されません。それよりは事業年数が10年くらいある自営業や個人事業主の方の方が信用される、ということも多いでしょう。また、そもそも限度額は年収の3分の1という総量規制が上限ですから、年収が多ければフリーランスの方の方が限度額が多くなるということも十分ありえます。

 

ただ、実際にフリーランスの仕事は安定していないことは自覚すべき

このようにカードローンの申し込み自体はフリーランスや自営業の仕事でも特に問題ないのですが、審査に通ればいいという話ではありません。実際のところ、こういうフリーランスの職業というのは極めて不安定です。ある方の体験談を紹介しましょう(聞き書きなので、筆者の言葉です)。

 

自営業でキャッシングしていて、資金繰りが苦しくなった方の体験談

私は薬局を営んでいて、過去には売上が毎年億単位だった年もあり、その頃の年収は多ければ1000万を超えることもありました。しかし、ここ15年くらいは全然で、とうとう5年くらい前からキャッシングにも手を出すようになりました。それ以来ずっと利息の支払いで苦しんでいますが、稼げる時期がずっと続くと油断すると大変なことになります。

 

 

2015/02/13 16:38:13 |

大手の会社だったら、どこでも女性でも即日融資OK

たとえばアコムやアイフルなどの、みなさんがよく知っている大手のカードローン会社だったら、どの会社でも、そして女性や主婦の方でも即日融資可能です。なので、今日中にどうしてもお金が必要という時でも焦る必要はありません。年収や職業、現時点の借入総額などに問題がなければ、これらの大手だったら確実にその日のうちにお金を手に入れることができます。

 

専業主婦の場合の審査はどうなるか?

専業主婦といってもいろいろなケースが考えられますが、たとえばパート・アルバイトを一切していない、つまり本人に収入がないという方の場合、夫の収入によって借りることになります。この場合、旦那さんの収入証明書と身分証明証、自分の身分証明証などを提出して、返済は間違いなくご主人の年収からできるということを保証すれば、大抵の場合は審査もOKです。でないと、事情があって働けない専業主婦の方などが、キャッシングをできなくなってしまうから、これでOKなのです。

 

働いている女性の場合、審査は余裕

これに対して、パート・アルバイトでも、あるいは正社員や派遣社員で働いているという女性の場合は、何も問題なく借入することができます。別にレディースローンなどの女性向けローンを使わなくても大丈夫です(使ってもいいですが)。中身の利息や限度額などの条件は、女性向けローンであっても特に違いはないので、こだわりがなければ普通のモビットやプロミスなどで借りていいと思います。

 

パート・アルバイトの場合、審査で不利になる?

特に主婦の方の場合、正社員や派遣社員の方よりも、パート・アルバイトでお仕事しているという方が多いでしょう。そういう方の場合、正社員よりは確かに審査でやや不利になりますが、決して落ちるということはありません。可能性もゼロではないですが、大抵は合格します。たとえば5万円程度の少額の場合、ほとんどの会社で審査に通してくれるでしょう。

 

借入可能金額はいくらくらいになる?

これは大体の目安が年収の3分の1です。これは、貸金業法によって定められている総額規制というルールによるものです。実際には、その人の年収や職業の信頼度によって、これより低い金額からスタートすることも多いです。ただ、そのように最初の借入可能金額が少なかったとしても、返済実績をコツコツ身に付けるうちに、貸金業者からの信頼が増して、限度額が徐々に増額されていくということが多いです。なので、最初少なくても安心です。

2015/02/13 16:36:13 |

アコム、モビット、アイフルなどの大手ならどこでもおすすめ

まず、今のカードローン会社であれば、ほとんどどこでも即日融資が可能です。キャッシングを利用する人のほとんどはその日のうちに借入したいと思っているので、そのニーズに答えないと金融業界で生き残れないからです。なので、即日融資については、まずどこでも問題ないといえます。そして、残るは金利の安さや限度額の大きさ、審査の簡単さなどで決めるわけですが、これらもやはりどの会社でも大手なら同じなので、特に迷う必要はありません。

 

具体的に、どのように同じなのか?

たとえば実質年率は、5万円程度の少額をキャッシングする場合、どの会社でも大体18パーセントです。モビットでもアコムでも、その他アイフルやプロミスなどでも同じです。イオン銀行のような銀行系の場合は14パーセント程度とやや安くなりますが、違いがあるとしたらそのくらいです。消費者金融系の場合は全部同じです。

 

借入限度額についてはどうか?

借入限度額も大体消費者金融系は500万です。銀行系の場合は800万や1000万など、かなり大きくなります。しかし、少額の融資を希望する場合、こういう大きい限度額は関係ないはずです。そもそも総量規制のルールにしたがえば、500万借りるには1500万の年収が必要(年収の3分の1までしか借りられないのが総額規制)なので、5万円借りるような方の場合、限度額は特に意味はないのです。

 

審査の簡単さ、厳しさについてはどうか?

これも、当サイトでプッシュしているアコムやモビットなどの大手の場合、どこも簡単です。審査という単純作業はどこの会社がやってもほぼ同じものですし、特に差別化のしようがないからです。どこで申し込みをしても、電話確認や郵送などの面倒な作業はなしで、WEBのみで審査が完了するということがほとんどです。そして、午前中など早めの時間帯に申し込めばその日のうちにお金を借りることができるので、急ぎの場合も特に問題はありません。

 

借りる業者で迷うよりも、早く決めて早く働き、完済を急ぐこと

金利をシミュレーションしてみるとわかりますが、実質年率18パーセントで借入すると、それなりの利子を払わなければいけません。たとえば5万円を5ヶ月で返すと、累計で2300円程度の利息を払います。その分何か別のものを買えると考えたら、やはりこの金利は高いと言わざるを得ないでしょう。会社はどこも同じである以上、決めるのには時間をかけず、早く借りて早く働き、急いで完済することをおすすめします。

2015/02/13 16:32:13 |

5万円キャッシングした場合、月々の返済はいくらになるか?

キャッシングの利率にもよりますが、たとえば実質年率18パーセントだったら、1万円の借入で、月々150円の利息です。ということは、5万円だと大体750円です。案外安いなと思われるかも知れませんし、確かにこれだけで留まれば安いのですが、大抵はこれをオーバーしてどんどん借りてしまう傾向があるので、気をつけてください。

 

大手の消費者金融系カードローンは、大体18パーセント

上で金利を18パーセントとしましたが、大手の消費者金融系のカードローン会社の場合、大体この利率です。安い実質年率は4パーセント程度から始まっていますが、ほとんどの人が借り入れる金額なら高い方の18パーセントが適用されますし、特に5万円の場合はほぼ確実にそうです。具体的に業者の名前をあげると、たとえばプロミス、アコム、モビットあるいはアイフルなど、すべてそうです。

 

月々1万円ずつ元金を返済した場合のシミュレーション

月々1万円ずつ元金を返すということは、元金だけは5ヶ月でなくなるということです。そして、金利は750円、600円、450円、300円、150円…という風に5ヶ月間で払います。これを合計すると、2250円です。つまり5万円を月々1万円ずつ5ヶ月でへんさいする場合、合計で2250円の利息を払うということです。このくらいなら安いと思う方もいるかも知れませんし、高いと思う方もいるかも知れませんが、とりあえず数字はこんな風になります。

 

レイクなどの30日間無利息キャンペーンを利用するのがおすすめ

たとえばレイクだと、5万円までは半年間無利息で借りることができます。ということは、上の例の場合、2250円の金利を一切払わなくていいということです。これはかなり有利ですね。また、レイクのように半年間ではないですが、たとえばアコムやプロミスなども30日間無利息というキャンペーンはやっています。当サイトではアコム、プロミスなどをおすすめしていますが、どちらもこの30日間無利息をやっているので、ぜひ活用するといいでしょう。

 

イオン銀行のカードローンBIGなら、もっと利率が安くなる

イオン銀行が提供しているカードローンBIGの場合、金利はもっと安くなります。実質年率が一番高くても14パーセントなので、約4パーセント違うということです。ただ、その分最低借入金額が30万円からとなっていて、5万円だけ借りるということは一応できないルールになっています。ただ、これは抜け道があって、30万円借りた後すぐに25万円返済してしまえば実質5万円借りたのと同じです。